ベンガル料理を食す(デリー→コルカタ)

ベンガル料理を食す(デリー→コルカタ)

車内での寝心地は意外と悪くなく熟睡出来ました。

車内での朝食はこんな感じ。

紅生姜のカレーコロッケみたいなのを朝から食べさせられる。

 

コルカタのハウラー駅に到着。

コルカタはこの旅の最東端の街。

歩く。今日はめちゃくちゃ歩きましたw

ハウラー橋。

コルカタはタクシーが可愛いですね。

今年のICWでも公開された映画『GUNDAY/ならず者たち』に度々登場する橋です。

 

次はコルカタ高等裁判所へ。

警備員さん以外誰もいませんでしたww

何しに来たんだって物珍しい顔で見られましたw

ここもGUNDAYのロケ地。

観光地から離れてるし普通こんなとこ来ないわなw

 

次はイーデン・ガーデンに行く途中で発見したエキスポに飛び込んでみました。

たまたま今日やってたw

入口で名前とか書いて首からかける入場許可証を受け取ります。

中はこんな感じ。

意外としっかりブースが分けられてました。

コーヒー飲んで休憩w

 

イーデン・ガーデンへ到着。

イーデン・ガーデンはクリケットの強豪チームコルカタ・ナイトライダーズの本拠地。

一度はクリケットの試合を見てみたいものです。

 

宿へチェックインして次の鉄道を調べ予約しに向かう。

その前に腹ごしらえ。

コルカタは西ベンガル、せっかくならベンガル料理を食べたいと言うことでChingri Malai Curryを食べる!

大きなエビが入ってて肉厚で美味。

エビってノンベジ?w

今まで食べてきたカリーと全然違うw

何が入ってるんだろ?

野菜と魚介の旨味でライスが止まらない!

 

コルカタのマーケットを歩く。

 

鉄道の予約オフィスに到着。

プリー行きの列車とプリーからチェンナイまでのチケットを取りたかったがプリーチェンナイは満席でした。

その列車の名前がなんとPURI CHENNAI EXP.

チェンナイエクスプレスー!

映画『チェンナイエクスプレス』と同じ列車かな?w

仕方ないのでプリーからブバネーシュワルまで移動することにしてブバネーシュワルからチェンナイの列車を予約。

 

今日はまだまだ散策。

ヴィクトリア記念堂へ。

中には大きな吹き抜け、展示品も多数あり見応えがありました。

 

セント・ポール寺院

寺院と言っておきながらキリスト教の教会。

中はステンドグラスが綺麗で、喧騒とした街とは対比してものすごく静か。

落ち着けます。

 

夜はARSALANと言うレストランへ。

コルカタ・ビリヤニの名店。

写真では見にくいけど中にまるごと1個の蒸したホクホクのジャガイモとホロホロのマトンが入ってます。

今日だけはノンベジ許してくださいw

ジャガイモが入ってるのがコルカタ・ビリヤニの特徴らしいです。

テイクアウトするお客さんもいるぐらいで、味はたしかに美味しかったです。

 

コルカタのビルラー寺院へ。

中はかなり豪華でしたが、ジャイプールのビルラー寺院の方が個人的には好きかな。

神聖な空間で今日一日を振り返る。

色んなことあったけど旅が出来ていることが幸せだなー。

 

というか財閥のビルラー家ってどんだけ裕福なんだろw

セント・ポール寺院の近くにビルラー・プラネタリウムなるものが。

これもビルラー家なのか?w

 

コルカタの街は今まで行った街とは全然雰囲気が違う。

例えば女性はサリーじゃなくて洋服が多いし、ニワトリやヒツジの肉が店頭にぶら下がってたりする。

お酒を売る店もちらほらと、夜はBARのネオンの光が目立つ。

映画館やプラネタリウムは英語とヒンディー語とベンガル語で上映が分かれてる。

英語が通じない人が多かった。

あとニューマーケット付近は、マイフレンド!俺のこと覚えてる?って声かけてくるやつが多い。

何回か話しかけられた。スルーである。

詐欺が多いエリアらしい。

 

色んな街があって面白いなインドは!

明日もGUNDAYのロケ地へ。