別れとバスの旅(ウダイプル→ジョードプル)

別れとバスの旅(ウダイプル→ジョードプル)

朝起きて荷をまとめる。

8時半チェックアウトしようとしたら、今日はGovardhan Puja(クリシュナのお祭り?)だから、参加するならもう1日泊まっていってもいいぞ、夜ご飯も一緒に食べようと言ってくれた。

正直ウダイプルもこのゲストハウスも大好きだ。

でもこれ以上お世話になったら別れが辛くなりそうだったので、旅の予定を言うと快く見送ってくれた。

最後にゲストハウスにあるクリシュナの祠を見せてくれた。

御賽銭を入れ、クリシュナのマントラを唱える。

クリシュナマントラ覚えててよかった!

クリシュナの好物バターボールを貰い食べる。

他にもポテチと1ケージ700ルピーするカシューナッツのお菓子をくれた。

ゲストハウスの嫁さんが可愛い、絶対この娘さんも可愛くなるんだろうな。

ウダイプルはまた行きたい!

ウダイプルは可愛い子が多い気がする。

日本でいう秋田美人的な、ウダイプル美人!w

 

牛のう◯こでクリシュナの人形を玄関の外の地面に作るおばあちゃん。

これがGovardhan Pujaか。

 

昨日最長老さまが出てきた寺院は朝から大人気。

長蛇の列が。

日本で言う初詣だろう。

 

バススタンドへ。

ジョードプルへのバスを探す、

10時半出発のガバメントバスを教えて貰い30分待機。

乗り込んで走行中に添乗員にお金を払うスタイル。

北インドではこのスタイルが主流、だいぶ北上してきた、

250ルピー。

相変わらず移動距離と金額が釣り合わない。

隣に中国人のハツさんが座った。

彼女も1人旅で40日ほど滞在してたらしく、明日中国に帰るとのこと。

彼女はジョードプルに行く途中のナスドワーラと言う小さな街に日帰りで行くそうだ。

この街にはリトルクリシュナの寺院があるのでプージャーしに行くそうだ。

ガイドブックにすら載ってない街に行くなんて旅慣れてるなー。

日本に3年住んでいたことがあるそうで、少し日本語が話せた。

日本語が話せる人と久しぶりの会話。ほっとする。

今は中国でヨガの先生の通訳の仕事をしているそうだ。24歳若い。

3ヶ国話せる上に来年はヒンディー語を勉強したいのだとか、凄すぎる。

うとうとしながら1時間半ほどでナスドワーラに到着。

 

そのあとは何度も隣は入れ替わり立ち代わりだった。

途中売店がぽつんとあるところで休憩。

反対側はヒツジの群れが。

 

11時にウダイプルを出発したバスは17時頃にジョードプルへ到着。

早速宿へ。


ジョードプルはブルーシティの異名を持つ街。

扉から部屋のカーテン、枕なんか全部青w

宿の屋上で夜ご飯。

ライトアップされたメヘラーンガル砦が綺麗!

チーズトマトカリーとナン。

これが噂のインドの溶けないチーズかw

 

ジョードプルはワンピースのアラバスタ王国のモデルの街。

明日は散策だー!