SRK’s BIRTHDAY!

SRK’s BIRTHDAY!

移動で疲れていたのでぐっすり寝て、朝食はホテルのルームサービス(ホテル代に込み)。
チーズサンドイッチとストロベリージャムのサンドイッチとベジサンドイッチとチャイ。

サンドイッチ量多くね?w
チャイとパンの相性最強。
チャイがうまいのなんの。

朝食を済ませてチェックアウトしてホテルの周りを散策。
朝日が昇る海。遠くにはインド門。カラス半端ないw


海沿いを歩いていくと、あの有名なタージマハルホテルを発見。

でかい!

めちゃ綺麗!いつか泊まってみたい。

インド門は完全に逆光w

髭!


映画館!

ボーマン・イラニおじさんの看板!
Indusland Bakn.

 

いろいろ散策してからタクシーを拾っていざシャールク邸へ!
ムンバイ湾にかかる大きな橋バンドラ・ワーリ・シー・リンクを通ってバンドラウェスト地区へ。

タクシーのおっちゃんかっこよかったし、タクシーの内装フルーツ柄&花柄で可愛かった!
そして色々観光スポット教えてくれたw
アミダーブ・バッチャンの家とかサルマン・カーンの家とか。。。
わりと皆ご近所なのねw
こういう人にはチップあげたくなっちゃうよね♪
そしてシャールク邸へ到着!

パシャり。

やっぱ大スターの家は格別ですな!

セキュリティ多いのなんの。

9時に家に到着してインド人のファンに交じって出待ち。

最終的に15時半くらいに出てきたけど、待つのは慣れている!

といってもただボーっと待ってるんじゃなくて、いろいろ出来事がw

10時頃ポリスが来て道路にはみ出たファンを整理。

やばいやばいw

シャールク邸の目の前にあるビーチへ皆で避難。

そこでインド人に話かかけられる。

日本人と知るや否や質問攻め&一緒に記念撮影w

インド人といっぱいセルフィー撮った!

写真は恥ずかしいので割愛w

質問が多かったのは、どこの国から来たのか?独身か既婚か?SRKのためにインドに来たのか?

驚いたのは独身か既婚か聞くんだねw

独身で彼女居ないって言ったら何故かガールフレンド探しが始まったw

インド人の彼女かーw

着いて行くけど彼らもシャイなのか女の子に話しかけられずナンパ失敗w

面白すぎやろw

んでオームシャンティオームのセリフで

一つまみのスィンドゥールは全ての女性の夢なのです

ハル オーラト カー クァーブー ホータ ヘ エーク チュトゥキー スィンドゥール

を言ったらインド人笑ってくれた!w

そんでどこからか現れたシャールク出演の知ってる映画を言うとモノマネしてくれる人めっちゃ面白かった!w

 

うろうろしてるとインタビューも受けちゃったw

わたしの下手な英語が浮き彫りに。

ソースが出ないことを祈るw

というかやっぱり自分の英語ってリスニングも含めてまだまだだなって痛感した。

もっと喋れたらより楽しめるはず!

気づくとわたしの周りには人だかりがw

Let’s dancing!!

めちゃ恥ずかしかったけどこれが異文化!

デリーから来たファン団体の横断幕と記念撮影w

せっかくなので海のほうにも行ってみる。

体洗ってる人も、足をつけて涼んでいる人も。

そうそうムンバイめっちゃ暑い。

たぶん日焼けしたな。

案の定ホテル帰ったらめっちゃ時計の日焼け跡がw

このまま1か月滞在するとインド人に限りなく近い感じになるかもw

仲良くなった人に日陰に行こうって話しかけられたり、わたしが持ってた折り畳み傘を貸してって言って日傘にしたりしてたw

 

んで何か配ってる人が現れる。

一緒に来いよって言われてついて行くと、お菓子とジュースをフリーで配ってました。

並んで7UPをもらう。

そしたらカバンの中に入れてまた並ぶぞって言われて5回くらいもらったw

カバンめっちゃ重いよww

今日の戦利品(ただ)

お金がなくても食事にありつける体験ってインドらしいなと思った。

貧困層の人たちの気持ちを感じた。

これは誰からなのって聞いたらシャールクからのプレゼントとのこと。

やっぱファンを大事にしてくれてるなー。

国民に愛されるわけだよ。

 

自称シャールクセキュリティの友達のインド人が、シャールクは2時に出てくるよと教えてくれる。

2時になっても出てこないw

また彼に会って次は3時に出てくるよって言われたが、やはり出てこないw

どこ情報だよw

そして15時半。ついにシャールクが登場!

ポリスが封鎖していたエリアにファンがなだれ込む。

かえるもち氏インド人に押される押される。

メガネが落ちたときは破損を覚悟したが大丈夫だったw

負けずとわたしもポジショニング!

んとか間近で彼とご対面!

やっと会えたあああ!かっこいいい!

インド人のモッシュを受けながらも、曇りなき眼で彼をとらえ続ける。

無理な体制で腰を痛めるw

だからパリピは苦手ですw

でも朝から待ったかいがあった!

ほんといろんな体験をさせてくれたことに感謝。

そしてハッピーバースデー

これからもファン続けます!

そしてポリスが散るよう指示してファン一同解散。

お疲れさまでした。

それからタクシーを拾ってRED CHILLIES ENTERTAINMENTに併設されているスターバックスへ。

一回違うスタバに連れてかれたw

そしてタクシー料金ぼられるも幸せすぎてもういいやってなったw

でも一応値段交渉して50ルピー安くしてもらった。

レッドチリエンターテインメントはシャールクの映画を手掛ける会社。

店に入る前に金属探知機でボディーチェック受けますw

ここのトイレに行く通路にお宝コーナーが。

歴代のポスターがずらり。

ファンにはたまらんのーw


コーヒー頼んだら試供品みたいなのくれた。

店員の対応も店内の雰囲気もgood.

 

んでサルマン・カーンのお店へ。

BeingHuman

せっかくなので1着Tシャツを購入。

 

帰りは鉄道に挑戦!

ということで駅まで歩く。

ボリウッドDVDのお店やマーケットを覗きながら。

サンタクルス駅からチャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅まで10ルピー。

改札無いしチケットもぎりみたいな人いなかったから買わなくても行けたんじゃねw

鉄製の吊革(もはや革ではない)をキーキー鳴らしながら電車に揺られる。

途中座れた!

世界遺産!

チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅!

ラ・ワンのロケ地!

電車追突の衝撃で落ちてくる銅像や~w

 

ホテルへレッツゴー!

今日のホテル。

クラシックカーの壁紙が可愛い。

今のところ体調に変化なし。

明日は移動日かな。