インド映画に魅せられて

インド映画に魅せられて

今日はインド映画について語らせてください。

 

Om Shanti Omは私がインド映画が好きになったきっかけの映画で思い入れのある作品。

シャー・ルク・カーン、ディーピカ・パドゥコーン主演のファラー・カーン監督作品。

脇役俳優のオームが若き人気女優シャンティに恋をするが、悲劇が起こり輪廻転生する物語。

インドでは輪廻思想が根付いていて、生前の行為つまり業(カルマ)によって次なる生存となって生まれ変わるとされています。

面白いことに生前の俳優と生まれ変わりの俳優が同じってことがほとんどです。親子関係であっても同じ俳優だったりします笑

インド映画あるあるとしてこの輪廻転生がテーマとなる映画が多くあるので、頭の片隅に置いておくとストーリーを理解しやすいかもですね。

ちなみにOm(オーム)は魂、Shanti(シャンティ)は平和、Om Shanti Omで魂に平和あれ的な意味となっています。

音楽とダンスも素敵です。覚えやすい振り付けは踊ってて楽しいです。

 

 

 

Happy New YearはOm Shanti Omと同じシャー・ルク・カーン、ディーピカ・パドゥコーン主演のファラー・カーン監督作品。

このタッグが大好きなんです。

インド映画と言ったらダンスをイメージする人がほとんどだと思います。

この映画は、ダイヤモンドを盗むためダンス未経験のおじさんたちが世界ダンス大会の決勝戦を目指すというとんでもないストーリーになってます笑

めちゃくちゃ面白いです!本当にかっこよくてシビれます!!

Netflixで配信されてますので是非見てみてください。

 

CHANDNI CHOWK TO CHINAはディーピカ・パドゥコーンの美しさがMAXな映画です。

インドの浅草と呼ばれるチャンドニーチョークの若者が中国の英雄の生まれ変わりとして中国の悪者を退治するため招かれるお話。

そこで暗躍するミャオミャオ役のディーピカちゃんが、ため息が出るくらい可愛い・・・。

ハリウッドにも進出する世界が認める美しさ、是非見て頂きたい。

 

他にもいっぱい紹介したい映画がありますのでまたの機会に♪